STORY

ここは、いつも心が帰ってくる場所。

ふるさとの西伊豆の小さな町に高速船に乗って帰ってきたまり。酒屋の自転車で通った元彼のオサムに気が付いたまりは、大声で声をかける。閑散とし寂れてしまった町の中をふたりで歩きながら、戻った理由を語り出す。
「この景色が好きで、ついついここに帰ってきちゃった。私ね、この海の傍で、かき氷屋を始めることにした」。驚くオサム。舞台美術の仕事をしていたまりは「結局、私が本当に誇れるのは、かき氷を嫌いにならなかったことなんだなぁって」と、この町でかき氷屋で生きていくことを宣言する。
すぐに店舗を探し出し、自らペンキを塗り、家具を配置し、改装をし始める。ある日の朝、突然母から、大学時代の友人の娘であるはじめちゃんが、しばらくうちに滞在することになったから面倒を見てくれ、と頼まれる。はじめちゃんは顔に火傷の痕が残り、また一緒に暮らしていたおばあさんを亡くしたばかりで、心に傷を抱えていた。
朝、まりが目を覚ますと台所ではじめちゃんを見つける。珈琲にお湯を注ぎながら、急に泣きじゃくり始める。呆気にとられたまりに対して、泣き止んだはじめちゃんは「発作みたいなものなの。哀しみが竜巻みたいに急にやってきて、急に去っていくの」とまたお湯を注ぎ始める。「我慢することは出来ないけれど、去った後は泣いたことなんて忘れるくらいスッキリ」と笑ってみせる。まりの開店準備中のお店にはじめちゃんを誘う。サトウキビを叩き切るまりは、大鍋で糖蜜を丁寧に作る。「煮出して、圧搾して、手間はかかるけどおいしいよ」。
翌日、開店準備を整えた店内。メニューには、糖蜜、みかん水、エスプレッソだけ。自分が本当にいいと思えるものだけしか出したくないというこだわりのメニュー。そしてはじめちゃんがお客さん第一号。「おいしい」と声をあげる。「糖蜜のかき氷なんて初めて食べるのに懐かしい味がする」。そしていよいよ開店となるのだがー。

ページのTOPへ